無心にステッチしながらも、いろいろ思ったりしているわけでして・・・。 時々、日々の出来事や母の想いも書き綴ってます。
プロフィール

 管理人: かおる

 本館
  My Flower House

 クロスステッチの完成作品
  Cross Stitch Gallery

 桃子の絵のギャラリー
  Momoko's Gallery

  クロスステッチの作品に関し、
  ご質問、ご要望を頂きますが、
  お答えできませんことを
  どうぞご了承くださいませ。

リンク
☆☆☆ リンク大歓迎 ☆☆☆
メールはこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
にほんブログ村
額ありきでステッチを始めたTeresaさんのFruit Quartetを額装。
Cross Stitch Gallery に載せました。

では、こちらでもご紹介。
Fruit Quartet

りんごも洋ナシも桃もプラムも、素晴らしい色使いで、本当に美しいです~。
重厚感のあるお気に入りの額に、大好きなTeresaさんの素敵なデザインが、
ここしかないという感じにぴったりとおさまって、嬉しくてたまりません。
眺めては、にまにまとしてしまう、大満足の作品となりました。

2014/07/14 Gallery 更新 CM(-) Top↑
今年はバラをいっぱいステッチしたいと思い、長年やりかけの2つのステッチを終え、
急にステッチしたくなったバラのステッチを終え、仕上げ待ちを3つも溜めてました。
ようやく飾れる形になりましたので、Cross Stitch Gallery に載せました。


では、こちらでもご紹介。

まずは、3月にステッチを終えたRose Topiaryです。
(C)Dimensions
Rose Topiary

アクア色のマットを使って、手持ちの額に入れましたよ。
カメラ技術がなく、本物の色がなかなか撮れませんでした。
今までブログに載せてきた画像の色の方が、本物に近いです。

こちらは、4月にステッチを終えたMarieさんのバラです。
「Just Cross Stitch June 2001」(C)Hoffman Medea,Inc
Marieさんのバラ

このバラは、クッションに仕立てようか、バッグに仕立てようか、
もう悩みに悩んで、とりあえず額に入れてしまいました。(笑)
いつか形を変えると思います。

そして、つい先日ステッチを終えたテアのバラ。
(C)Thea Gouverneur
Rosa Hugonis

こちらはマット無しで、布の余白を残した額装です。

皆様には、御足労をおかけしますが、
HPのギャラリーの3つの作品もご覧くださいませ。


さてさて、WDWの段染め糸とフランスの雑誌の断捨離のお手伝いのお願い応募は、
本日正午で締め切りました。
今回も、たくさんのご応募を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
WDWの糸には14名様、フランスの雑誌には17名様のご応募がありまして、
いつものように、桃子にくじを引いてもらいました。
「これ、こんなにいっぱいあるの~?」と、桃子が言った大激戦が1点ありました。
そして、先程、差し上げる方々にメールいたしました。

ご応募頂いたのに、外れてしまった方々、本当にごめんなさい~。
お一人ずつお返事できず、申し訳ないです。
またの断捨離のお手伝いのお願いで、お気に召したものがありましたら、
是非、お声をかけてくださいまし。

2014/05/27 Gallery 更新 CM(-) Top↑
気になっていた2作品を再額装して、Cross Stitch Gallery に載せました。

ひとつは、2001年に仕上げたPaula Vaughanさんの「Good Neighbors」です。
(C)Leisure Arts
Good Neighbors

これは、ぷーちゃんのお気に入りで、パネル額に入れて、長年飾っていました。
その為、表面の塩ビがだいぶ薄汚れ、布の余白部分にも少し黄ばみが見えたので、
今回、出して、洗って、マットを使って再額装しました。
新しい額のサイズは、ステッチF4(352×443)サイズで、シンプルなフレームです。


そして、もうひとつは、最近の作品で、Lanarteの「音楽と花とフルーツと」です。
(C)Lanarte
音楽と花とフルーツと

これは、ぷーちゃんの大学入学の記念にステッチしたのですが、
実は、破損した額を無理やり使っていたんです。
やっぱり、裏板をきちんと押さえられなくなり、再額装となりました。
新しいこの額は、よく使う太子(379×288)というサイズで、
中のデザインをあまり選ばず、使いまわししやすい額です。

両方とも、以前の額と似たような雰囲気のフレームにしましたが、
再額装で少し小振りになり、飾った雰囲気も変わりました。
いや~、昨日は、額装作業をかなり頑張りましたよ。
出来上がりを眺めて、むふふ・・・と満足の私。

で、今朝のぷーちゃんの感想は「いいんじゃな~い。」って、これだけかい。
お嫁に行くときに持って行くと言ったのに・・・って、それはまだまだ。


さーて、額の断捨離もしますので、それも含めて、まだ額装作業は続きます~。

2014/04/15 Gallery 更新 CM(-) Top↑
昨年末にステッチを終えていた二つの作品を額装し、
Cross Stitch Gallery に載せました。

まずは、「ヘザーの妖精」。
このシリーズでは、珍しくボーダー柄がデザインされていて、
どうしよう・・・迷っているうちに、ほったらかしとなってしまいました。
迷ったのですが、マット無しのこのような額装にしましたよ。

(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2010
ヘザーの妖精


そして、Demensionsの「As Seasons Change」。
なかなかぴたりの大きさが見つからず、またもやほったらかしに・・・。
結局、マットを使ったこのような額装になりました。

(C)Demensions
As Seasons Change

実は、布の大きさが足りず、布をマットと厚紙のボードに挟み、
びしっと両面テープで接着してます。
「もう二度と額から出てこないでね~。」と、思いながらの額装です。
この額装は、もちろん自己流なのですが、今までにもやってまして、
こういう方法もありよね・・・と私は思ってます。


さてさて、今日は、まずこの2作品の額装作業をしましたが、
引き続き、ぷーちゃんお気に入りの2作品を再額装します。
「お嫁に持って行く~。」とか言ってますが、そんな日は来るのか・・・。
もちろん、その為の再額装なんかじゃあありませんよ。(笑)
長年飾って薄汚れたものと、額が壊れたもののふたつです。

2014/04/14 Gallery 更新 CM(-) Top↑
やっと額装した2作品と、先日ステッチを終えてすぐの1作品を
Cross Stitch Gallery に載せました。

まずは、JanlynnのSummer Crossです。
(C)Janlynn  Designed by Nancy Rossi/Kooler Design Studio
Summer Cross

額は、同じシリーズのSpring Crossで使ったものです。
左右の余白が、ちょっときちきちかな・・・。
季節はもう冬になろうとしてますが、ずっと飾っていたい作品です。

お次は、Lanarteの「音楽と花とフルーツと」です。
(C)Lanarte
音楽と花とフルーツと

これは飾る場所も決まっていたのに、長くほったらかしにしてしまいました。
この額も使いまわしです。
デザインサイズよりだいぶ大きく、間延びするかなと思ったのですが、
フレームの色とラナーテの淡い色とこのデザインの雰囲気が、ピッタリ!
もとは、Perminのサンプラーの為に、オーダーしたのですが、
このLanarteが入るまでの主は、フラワーフェアリーでした。

額によって、作品の雰囲気はずいぶんと変わるものですが、
こうやって、額の効果を作品ごとに見比べるのも面白いです。
今回も、満足の額装なのですが、作業中に一部破損してしまったんです。
ううう、この額を使うのは、これが最後かな・・・。
飾るのには支障がないので、ピアノの上に大事に飾ってます~。

最後は、つい先日ステッチをし終えたこちら。
(C)Eva Rosenstand
Pink/Orange Flowers

ビビッドなピンクとオレンジのお花が、可愛いですよね~。
額は、16センチの正方額で、オーダーしたものなのですが、
これまでに数々の作品に使った優れサイズなのです。
この額に入れた作品は、いつもサイドボードの上に飾ります。

HPのギャラリーには、もう少し大きな画像で、
私のコメントもこちらのものとは違ってますので、
よかったらお出かけくださいませ~。

2013/11/12 Gallery 更新 CM(-) Top↑
ずっとほったらかしだったお花の妖精達を額装し、
Cross Stitch Gallery に載せました。

額は、いつもの額です。
それでは、こちらでも。

(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2006
マロウの妖精

マロウの妖精は、少し青みがかったグリーンのマットを使いましたよ。
葉っぱのグリーンとほぼ同系色。
マロウは大好きなお花です。
実物のマロウのピンクは、もう少しビビッドですけど、
もちろん、このデザインのお花の色も大好きです。

季節的に、マロウの妖精を飾るのは今かな。
ピアノの上に飾りました。

(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2003
プリムローズの妖精

イエロー系のグリーンのマットに入れましたが、これは使いまわしです。
プリムローズは、今の時期のお花じゃないですねぇ。
このように額装して撮影したのですが、またしまいました。
もう少し待っててね。


クロスステッチのギャラリーを更新できて、ほっとしました。
長い間続けてきた私のHP、My Flower Houseです。
クロスステッチ作品を手放そうと決心したからでしょうか、
これからも大事に育てていきたいとより強く思いました。

2013/08/29 Gallery 更新 CM(-) Top↑
だいぶ前にステッチを終えていたんですよね。
JanlynnのSpring Floral Crossをようやく額装し、
Cross Stitch Gallery に載せることができました。

このデザインは春夏秋冬のシリーズなので、
できればどのシーズンにもあうような額にしたかったんです。
で、手持ちのものをごそごそ。
この額は、デザイン中のアレンジの土台と雰囲気があっていて、なかなかいい感じ。
もう春から初夏の陽気になりつつありますが、玄関に飾ってみました。

それでは、こちらでも。

(C)Janlynn Designed by Nancy Rossi/Kooler Design Studio
Spring Floral Cross


2012/06/18 Gallery 更新 CM(-) Top↑
やっと気に入った額装ができまして、
ようやく Cross Stitch Gallery に載せることができました。

Teresaさんの6つのお花です。
ステッチを終えたのは、昨年6月末。
額やマット、実は3回目のやり直しです。

このデザインとの出会いは、本当に衝撃的でしたねぇ。
ブレンドの多さに躊躇して、最初はこの中のパンジーをステッチ。
11年前のことでした。

そして、約10年後、すべてのお花をステッチすることができたのに、
なかなか飾れる状態になりませんでした。
最初は、淡いグリーン、次に濃いグリーンのマットに入れてみたのですが、
どうにもしっくりとこない・・・。
で、デザインの中の枠の色にして、やっと納得のいくものになりました。

では、こちらでも。
(C)Leisure Arts
Teresaさんの6つのお花

嬉しいです~。
感無量です~。

2012/06/02 Gallery 更新 CM(-) Top↑
Red Roseを Cross Stitch Gallery に載せました。

花びらの中の一色に近い色のマットを使ってみました。
重い感じにならなくていいかな~と思ってます。

しばらくは、壁に飾って楽しもうと思っているのですが、
こういうクローズアップのデザインは、もしかしたら初?
小さいのですが、結構存在感あるんです。
で、どこに飾ろうかと、額を持ってうろうろ・・・。
これ一つを飾る場所を作ろうかと思ったり・・・。


では、こちらでも。
(C)Lanarte
Red Rose



朝起きたら、どんよりの曇り空。
それでも、ほんのちょっと雲が明るいところもありました。
ダメかな~と思いつつも、スタンバイ。
あれ?あれ?あれ?
どんどんと雲が流れていくじゃありませんか!
うおおおお!
なんと、金環日食、見れました~!!!
マンションのあちらこちら、道のあちらこちらから、
うおおおお! と、声が・・・。(笑)


よかったあぁぁぁ。
今の私、なんだかいろいろあるけど、とにかく、よかったあぁぁぁ。

2012/05/21 Gallery 更新 CM(-) Top↑
ずっと気になっていた額装作業を終え、
ようやく Cross Stitch Gallery に載せることができました。


一気に3点です。
多少季節はずれでもありますが、飾ってみるとそうでもないので一安心。

では、こちらでも。

DONNA KOOLER'S Seasons in Cross-Stitch より
Pansy Patch Bunny

Nancy Rossiさんデザインの Pansy Patch Bunny です。
ステッチをスタートしたのは、今年4月。
我が家のベランダのパンジーを眺めながらのスタートでした。
で、額装した今は、この冬から来年春まで楽しめるパンジーが咲いてます。


「Just Cross Stitch October 2002」(C)Hoffman Medea,Inc
The Harvest

Marie Barberさんデザインの Harvest です。
選んだ額は、渋いゴールド。
デザインの中の黄色系のかぼちゃに合わせてみましたよ。
雑誌が届いた時、これは是非ステッチしたい!と思ったデザインです。
それは、10年も前のこと・・・。

(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2003
The Geranium Fairy

ゼラニウムの妖精です。
いつもの額に入れるのは決めていたのですが、マット選びに悩んだ末、
このような葉っぱの中の明るいグリーンに合わせてみました。
ゼラニウムの赤がまろやかに見えて、明るい春のイメージになりました。
でも、ベランダのゼラニウム、ちょろっと咲いているんです。
強いお花ですよね~。


月が替わるたびに、早く額装して飾りたい~と思っていたんです。
年が替わらないうちに、実現できて本当によかったです~。

2011/12/06 Gallery 更新 CM(-) Top↑
もしよかったら…。
 断捨離のお手伝いのお願いです。
 もしよかったら、ご覧下さい。

 準備中です。

 私流断捨離について(2015/08)

 私の作品の断捨離(2013/07)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Welcome !
Flower Fairies

ヘリオトープの妖精

スズランの妖精

クリスマスツリーの妖精

フクシアの妖精

スノードロップの妖精

タンジーの妖精

ワイルドタイムの妖精

ブラックベリーの妖精

バラの妖精

チューリップの妖精

カンタベリーの妖精

ダブルデイジーの妖精

ポピーの妖精

ゼラニウムの妖精

マロウの妖精

プリムローズの妖精

ヘザーの妖精