無心にステッチしながらも、いろいろ思ったりしているわけでして・・・。 時々、日々の出来事や母の想いも書き綴ってます。
プロフィール

 管理人: かおる

 本館
  My Flower House

 クロスステッチの完成作品
  Cross Stitch Gallery

 桃子の絵のギャラリー
  Momoko's Gallery

  クロスステッチの作品に関し、
  ご質問、ご要望を頂きますが、
  お答えできませんことを
  どうぞご了承くださいませ。

リンク
☆☆☆ リンク大歓迎 ☆☆☆
メールはこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
にほんブログ村
今年も残りわずかとなりましたね。
お掃除、年末年始のお買いもの、おせちの段取りなどなど、
少しずつ進めてきましたが、いよいよ気忙しくなってきました。
ということで、今日で今年最後のStitch Diaryといたします。

皆様、今年もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。


さて、今年のテーマは、「お花の妖精とブーケとリース」でしたよ。
そして、なるべくやりかけを完成させることを目標としてました。

で、今年始めに書き出したやりかけのデザインは、全部で11。
その中で、完成させることができたのは、
DMCの「The Rose Fairy」と
Lanarteの「Bouquet of Lilacs and Peonies」と
Janlynnの「Lotus Flower」でした。
やりかけの数は、さほど減らなかったんですけど、どれももちろん大好きなデザインでして、
ステッチし終えた時は、ええ、それはもう嬉しかったですねぇ。

それでは、一年最後のStitch Diaryの恒例にしつつあります、今年ステッチした全作品を並べますね~。
長いですが、お付き合いくださいませ。

まずは、テーマのお花の妖精シリーズから、「The Rose Fairy」
The Rose Fairy

もうひとつは、「The Tulip Fairy」
The Tulip Fairy

そして、テーマのブーケは、大好きなCedar Hillのデザインを3つ。
「Bouquet for April」
Bouquet for April
「Bouquet for May」
Bouquet for May
「Bouquet for July」
Bouquet for July

それから、ゴージャスなブーケは、Lanarteの大作「Bouquet of Lilacs and Peonies」
Bouquet of Lilacs and Peonies

さて、くるくるくるとリースが続きますよ。
Fremmeのリースは、この3つです。
「レッドアルダーのリース」
レッドアルダーのリース
「ひよどりじょうごのリース」
ひよどりじょうごのリース
「白樺のリース」
白樺のリース

Evaの「Golden Garland」
Gorlden Garland

クリスマスのデザインは、Marie Barberさんの「Berry Wreath」
額装にしましたよ~。
HPのギャラリーには、ドイリーに仕立てたものを載せてますが、
クリスマスが終わってすぐ、このように額装に替えましたよ。
ドイリーが8角形のイメージでしたので、やはり8角形の額がぴったりでした。

季節を感じながらのステッチも、楽しみました。
夏の間は、東洋的で南国ムードいっぱいのJanlynnの「Lotus Flower」
Lotus Flower

今年の秋も、なかなか楽しかったです。
ハロウィンは、Prairie Schoolerの「Pumpkin Patch」
Pumpkin Patch

そして、久しぶりにStoney Creekを味わえた「Autumn in the Woods」
Autumn in the Woods

振り返ってみると、今年も充実したステッチライフでした。

そして、今年は、桃子の初個展の開催という思い出に残る年にもなりました。
ネットを通じて、多くの方々から心温まるメッセージを頂き、
桃子にとっても私にとっても、今後の大きな励みにもなりました。
心から感謝しております。
これからもどうぞ桃子のことを暖かく見守っていただければと思っております。


さあ、来年もクロスステッチを存分に楽しみたいと思ってますよ~。
1年の締めくくりのこの記事を書くと、来年の計画やら妄想がむくむくと・・・。
いえいえ、これをやっていると家事がはかどらなくなるので、
お正月まで、楽しい計画も妄想もしまっておきましょう。
来年もまた、私のステッチのお話にお付き合いくださいませね。

それでは、皆様、どうぞよいお年を~。
2009/12/29 ステッチのいろいろ CM(-) Top↑
(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2005
男の子らしい仕草ですよね。
やんちゃなこの子は、カンパニュラのお花にまたがってますよ。

だいぶお花のステッチができましたが、葉っぱも背景もまだいっぱい残ってます。
どちらもDMC3345~3348のグリーンを使うので、明るいグリーンが広がりますよ。
年内は、これ一つに集中しますが、何かともろもろ忙しくなってきました。
時間のある時に、ゆったりとステッチすることにします。
なので、カンパニュラの妖精君は、来年に持ち越し確定です~。
2009/12/27 DMC-Flower Fairies CM(-) Top↑

Marie BarberさんのBerry WreathをギャラリーにUPしましたよ~。


それでは、こちらでも

Merry Christmas !!!

クリスマスのドイリー



このようにドイリーに仕立ててみました。
キャンドルを置いてもよし、小さな花瓶を置いてもよし、
フォークやグラスのセッティングに使ってもいいかも・・・。

一緒に写っているクリスマスプディングとリボンのオーナメントは、
Elizabeth Bradleyさんのデザインでして、2002年のクリスマス用に作ったものです。

それにしても、黒はほこりが目立ちますな。
うーん、ものすごく気になります。
来年用に分解して、額に入れてもいいかも・・・。

2009/12/24 Gallery 更新 CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch December 2001」(C)Hoffman Medea,Inc.
Berry Wreath 完成です~♪

黒地に浮き上がっているように見えるクリスマスのリースです。
ツルのガイドができたおかげで、どんどんと進めることができましたよ。

ステッチは完成したのですが、仕上げをどうしようかと思案中です。
額もいいのですが、何かに仕立ててもいい感じのデザインですからね。
あ、雑誌の見本のように、衣類関係はなしですが・・・。


さて、今年のテーマの一つがリースでしたが、このBerry Wreathが最後ですね。
今年も残すところあと10日。
いろいろ思っている来年のことをお話ししても十分いい時期ですよね。
ということで、来年のクリスマスですが、娘たちのリクエストで可愛い系にしますよ~。
って、今年のクリスマスもまだなのに・・・。
2009/12/22 Marie Barber CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch December 2001」(C)Hoffman Medea,Inc.
何となく輪になったような・・・。
だいぶ広がりましたでしょ?

黒のリネンに激しい色飛びで、すぐに迷子になってしまうんですよね。
昨日は、目いっぱい目を凝らして、ガイドになるツルをステッチしました。
リースの形になって、ちょっと嬉しいです~。
これで葉っぱのステッチもしやすくなるでしょうかねぇ。
2009/12/16 Marie Barber CM(-) Top↑
パステル画「サンキライ」を Momoko's Gallery に載せました。

カラーボード(マーメイドボード)に描くのが、気に入ってしまった桃子です。
前回の「カンパニュラの恋」に続きまして、びわという色のボードに描きましたよ。

まず桃子が決めたモチーフは、クリスマスのこの時期にお馴染みのサンキライでした。
でも、まだ出始めの頃だったので、実が真っ赤になる前のものですね。
実付きの枝ものを描くのは、初めてかもしれません。
さて、このサンキライを寸胴の鉢に挿したのですが、これがすぐに向きを変えてしまうんですよね。
それをついと無頓着に触るものですから、何度も「イタイ!」と叫んでいた桃子でした。
茎に棘があるんですよね。

では、サンキライの一部をご紹介。
サンキライの赤い実

そして、このサンキライに合わせて、ラ・フランスと黄色のリンゴを描きましたよ。
黄色のリンゴは、信濃ゴールドという初めて見る品種でした。
食した時は、もう新鮮さを失っていたので、味はよくわからず・・・。

全体が柔らかな雰囲気の絵になってます。
是非、ギャラリーにお立ち寄り下さいませ~。



さてさて、今日の日々のこと、少々長くなります。
桃子の個展では、「絵葉書はないのですか?」「絵葉書にしたらどうですか?」と、
多くの方々にお尋ね頂きまして、ものすごく嬉しかったんです。
私も桃子も、そのことは全く考えてなかったので、驚いてしまいました。
とにかく、絵を飾って、会場を作り、個展を開くことだけを考えていたので、
正直なところ、このことに関しては、驚きの方が大きかったんですぅ。
そして、多くの方々のアドバイス、本当に嬉しかったです。

実は、そのお声の後押しで「カンパニュラの恋」を絵葉書にし、お礼状としてお出ししました。
自分の絵が葉書として使えたことに、桃子はとても喜んでました。
私も、これでよかったかな~と思ってます。

まだまだ未熟な桃子ですが、今回の個展は、大きな励みとなったようです。
時々「次の個展は・・・」なんて言い出すので、母、少々困ってます。
うーん、桃ちゃん、もうちょっと待っておくれでないかい・・・と、内心思ってます。

実際に、個展後もどんどんと意欲的に絵画制作をしている桃子です。
一方、母は、のろのろと後片付けをし、おまけに疲れで体調も崩してしまいましたからねぇ。
少しずつ前へ前へと進んでいく若い桃子に追い付けるよう、母も頑張らねばいけませんね。

うーん、若いっていいわねぇ。

2009/12/15 桃子の新作 CM(-) Top↑
前回、ここの記事をUPした後、がたがたっと体調が悪くなってしまいました。
2年に1回ぐらいはかかってしまうお腹にくる風邪でした。
やっぱり、桃子の個展が終わって、ほっとして、どっと疲れが出たのかもしれませんねぇ。
おもな症状は、吐き気、下痢、微熱、頭痛なのですが、
今回は、かなり頭痛がひどく、よろよろとタクシーで病院にいきました。
最近になって、この手の風邪と溶蓮菌(この字だった?)感染症も流行しているそうですよ。
皆様もインフルエンザはもちろんのこと、お気を付け下さいね~って、私が言うのも何なのですが・・・。

でも、私、昨日から復活しております。
もう大丈夫ですので、どうぞご心配なく~。

さて、タイトルの予定変更ですが、ええ、今月のステッチ予定です。
まだかな~と楽しみにしていて下さる方が、もしいらしたら、申し訳ないです。
Evaの「The Third Candle of Advent」は、先ほど保管箱にしまってしまいました。
今月の予定に入れたのが、そもそも無謀でしたぁ。
来年は、早目にスタートして、女の子がろうそくに火を灯せるようにしてあげたいと思います。

で、画像がないのも寂しいので、黒のリネンに苦戦しているBerry Wreathのことを少し。
このデザイン、もともとの指定の布が、黒のリネンなんです。
でも、ここに濃い緑(DMC500)とエンジ色(DMC902)と紺(DMC823)の糸が使われているんですよ。
これが、なんともまあ贅沢だな~って思うんです。

贅沢な配色
この画像のようだとわかるんですけど、小さなステッチになると黒に紛れてしまうんですよね。
贅沢な色使いだけど、これにも大苦戦なのですよ。

ということで、今日から少しずつステッチも復活することにします~♪
2009/12/14 今月の予定 CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch December 2001」(C)Hoffman Medea,Inc.
赤い実が可愛いのです。
だいぶ広がってきましたが、まだリースには見えませんね。
今回出てきた薄茶色のツルがつながって、リースの形になりますよ。

2009/12/10 Marie Barber CM(-) Top↑
HPのギャラリーに、Autumn In The Woodsと白樺のリースを載せました~。

全面刺しの Autumn In The Woodsは、マットを使った額装です。
マットの色は、無難にデザインの中で使われているブラウン系に。
ところが、用意していた無難な茶系の額に合わない!
手持ちのインチサイズの額を全部出して合わせてみたら、
意外なことに、シャンパンゴールドのフレームがピンときました。
いかがでしょう?
(C)Stoney Creek
Autumn in the Woods
フレームの色は、もう少しベージュがかっています。


さて、もうひとつの白樺のリースは、このシリーズ用のお馴染みの額です。
が、この額、茶系とグリーン系の2種類を持っているんです。
茶系のフレームだと落ち着いた感じになるので、今の時期ならこちらとなるところですが、
初夏に飾るのなら、爽やかな感じになるグリーン系のフレームもいいでしょうね。
なので、ギャラリーには、グリーン系の額に入れた画像を載せました。
で、こちらでは、茶系の額で・・・。
(C)Haandarbejedets Fremme
白樺のリース

そして、このシリーズを集めたこちらも・・・。
1,2,3,4,5,7,9,10,12月のリース



昨日、無事に自力でHPビルダーのバージョンアップをすることができました~♪
何やら新しい機能が増えていますよ。
でも、私、最初の最初に触った機能しか使わないんですよね。
もったいないような気もしますが、今後もおそらく使わないでしょうねぇ。
2009/12/08 Gallery 更新 CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch December 2001」(C)Hoffman Medea,Inc.
クリスマスらしいリースですよ~。
古いJust Cross Stitchに載っているデザインです。
雑誌の中では、このデザインをジャンパースカートの胸の部分に使っているんです。
これを見た時、スカートに使うのは、ちょっとねぇ・・・と思った私でした。
でも、リースのデザインとしては、とてもおしゃれ。
ずーっと気になっていたんです。

そこで、リースをいっぱいステッチしよう思っていた今年、
クリスマスにピッタリだしと、急に思いついて始めたのですが、
黒のリネンがあまりにも目に辛い・・・。
それに、やっぱりMarie Barberさんですよ。
色飛び、激しいです。
クリスマスに間に合うのか・・・。


さて、お話変わりまして、私のPCが新しくなりました。
Windows 7に慣れるには、いろいろやってみて、使うしかないのですが、
画面の大きさも変わり、文字の大きさも画像の明るさもだいぶ違うんですよね。
画像処理のペイントも少し変わっているし・・・と、あーだこーだ言ったら、
「ったく、文句が多いなぁ。Windows 7とは、そういうものなんだ!」とお父さん。
って、そうなの?
ま、慣れるしかないんですけどね。

今日は、これから残りのデータの引っ越しとHPビルダーのインストールを自力でします。
車とパソコンと家電のことは、お父さん担当なのに、昨晩、時間切れで途中放棄。
「自分でやるか、週末まで待つかだな。」と言い残して、出勤していきました。
ま、新しいPCを買ってくれたのですから、これ以上文句は言えないのですが、
自力でいろいろと上手くできるかどうか、ちと不安です。
2009/12/07 Marie Barber CM(-) Top↑
(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2005
このポーズで何をしているの?

久しぶりの妖精君です。
全身が見えてきましたよ。
あとは、カンパニュラのお花と背景なのです。
お花に使われている色は、明るく鮮やかなパープルとグリーンなんですよ。
このデザインのカンパニュラは、元気でのびのびとした雰囲気です。

2009/12/03 DMC-Flower Fairies CM(-) Top↑
桃子の初個展も無事終わり、まだホッとした余韻にひたっているのですが、
今年も残すところ1ヶ月となってしまったんですねぇ。
12月は、何かとあわただしくなりますからね。
気持ちを引き締めなおさないといけません。

さて、久々のステッチのお話となります。
毎月1日は、今月のステッチの予定の日なのですが、まだはっきりと決めてないんです。
すみません。
ですが、やはりここ何カ月もやりかけのままのカンパニュラの妖精は気になるところ。
これは、年内の完成を目指すことにしましょう。
そして、この時期は、どうしても気になるクリスマスもの。
やりかけもあるにはあるのですが、クリスマスに間に合うかどうか・・・。
これです。
(C)Eva Rosenstand
The Third Candle of Advent
このデザインのタイトルは「The Third Candle of Advent」なのですが、肝心のろうそくは、まだ1本だけ。
もう何年も、この女の子を待たせてしまってます。(笑)

ということで、今月のステッチの予定は、
①DMCのカンパニュラの妖精
②EvaのThe Third Candle of Advent

とします。
2009/12/01 今月の予定 CM(-) Top↑
もしよかったら…。
 断捨離のお手伝いのお願いです。
 もしよかったら、ご覧下さい。

   準備中です。

 私流断捨離について(2015/08)

 私の作品の断捨離(2013/07)

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Welcome !
Flower Fairies

ヘリオトープの妖精

スズランの妖精

クリスマスツリーの妖精

フクシアの妖精

スノードロップの妖精

タンジーの妖精

ワイルドタイムの妖精

ブラックベリーの妖精

バラの妖精

チューリップの妖精

カンタベリーの妖精

ダブルデイジーの妖精

ポピーの妖精

ゼラニウムの妖精

マロウの妖精

プリムローズの妖精

ヘザーの妖精