無心にステッチしながらも、いろいろ思ったりしているわけでして・・・。 時々、日々の出来事や母の想いも書き綴ってます。
プロフィール

 管理人: かおる

 本館
  My Flower House

 クロスステッチの完成作品
  Cross Stitch Gallery

 桃子の絵のギャラリー
  Momoko's Gallery

  クロスステッチの作品に関し、
  ご質問、ご要望を頂きますが、
  お答えできませんことを
  どうぞご了承くださいませ。

リンク
☆☆☆ リンク大歓迎 ☆☆☆
にほんブログ村
(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2009
色とりどりの実がキレイ~。

ブリオニーの実が出てきましたよ。
蔓と葉っぱも少し。
だいぶカラフルになりました~。
2010/11/30 DMC-Flower Fairies CM(-) Top↑
(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2009
お顔は難しいです。

お顔と腕ができました~。
この妖精さんは、青い目をしているんですよ。
ふわふわのお髪に、ブリオニーの実と蔓を巻き付けてます。
可愛いですよね。

さて、このデザインの4人の妖精さんの目には、フレンチナッツステッチが入っているんです。
このステッチ、ものすごーく苦手なんですよね。
なので、バックステッチだけで、なんとか原画に近いお顔にしようとしたのですが、
うーん、難しいですなあ・・・。
だいぶ違うお顔になってしまいましたよ。

そして、バックステッチ。
私、嫌いじゃないのですが、いやはや、このデザインは大変です。
布目は、ほとんど無視です。
なぜ、そこにーーーー!となります。
キットには、16カウントのアイーダが入っていたのですが、
32カウントのリネンに代えて、大正解でした。
2010/11/26 DMC-Flower Fairies CM(-) Top↑
デザイン画「ナスとウリの平面構成」を Momoko's Gallery に載せました。

お稽古で描いた平面構成です。
パステルで描いてますよ。

ナスはゼブラナス、ウリはキンシウリで、どちらも珍しい縞模様。
桃子にとっては、どちらもあまり馴染みのないお野菜でした。
そのせいもあったでしょうか、今までにない色使いの大胆なデザイン画になりました。
では、実物の写真を・・・。
ゼブラナスとキンシウリ

桃子が描いたナスは、色とりどりです。
それぞれのナスの色には、普段ならあまり選ばない色を使ったそうですよ。
どの色のナスが好き?って、聞きたくなります。

では、母が好きな色合いのナスを・・・。
ターコイズブルーのナス
ですが、このターコイズブルーが、どうしても実物通りの色にならないんです。
実物は、もう少しグリーンがかった深みのあるターコイズブルーなんです。

一番大きなナスは、びっくりするくらい大きさですよ。
是非、ギャラリーでご覧下さいませ~。

2010/11/25 桃子の新作 CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch October 2002」(C)Hoffman Medea,Inc.
深い色合いです~。

大きなかぼちゃの葉っぱのステッチが終わり、これでデザインの上ほぼ半分ができました。

さあ、いよいよ楽しみにしていた収穫です。
これから、色とりどりのカボチャや野菜がごろごろでてきますよ~。

2010/11/22 Marie Barber CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch October 2002」(C)Hoffman Medea,Inc.
食べれる?

大きいオレンジ系のかぼちゃができました~。
今日の画像は、少し暗めですぅ。
2010/11/18 Marie Barber CM(-) Top↑
(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2009
何とか全体がわかるようになったかも。

妖精さんの羽とドレスがほぼできましたよ。
これで4色です。
ここまでできないと、よくわからないと思い、ひたすらステッチ。
何とか全体の感じがわかりますでしょうか。

さて、残っている部分は、ブリオニーに実とツルと葉っぱです。
あ、お顔と腕もね。
ここを埋めていくと、絵ができあがっていくんですよね~。
一色一色進めていく毎に、手を止めて「おお!」と眺めるに違いない私でしょう。
2010/11/17 DMC-Flower Fairies CM(-) Top↑
パステル画「甲斐路とラ・フランス」を Momoko's Gallery に載せました。

絵のタイトル通り、甲斐路というブドウとラ・フランスを描きましたよ。

小さなサイズの絵を気楽に描こう・・・と、描き始めたこの絵でしたが、
この頃の桃子は、細かな描写に目覚めたようで、実物よりすごい甲斐路になりました。

では、すごい甲斐路の一部をほぼ実物大で。

甲斐路です。

少し画風が変わってきたようにも思えるのですが、いかがでしょう。

この絵は、一気に10日ほどで完成させたのですが、
その間、ずっと実物を机の上に置いてましたよ。
甲斐路もラ・フランスも、パステルだらけとなり、下の方から、汁が・・・。
その後始末に、桃子は、うわああああ・・・・となりまして、
こういうこと、久しぶりでした。(笑)

さて、甲斐路とラ・フランスの組み合わせは、
2008年に描いた「葡萄とワインボトル」にも描いてます。
絵の構図がだいぶ違うのですが、見比べると桃子の成長が見えて、嬉しい母です。
またまた、親バカでして、すみません。

そうそう、二つの絵を見比べるとすぐにわかるのですが、
同じ甲斐路でも粒の形が違うんです。
今回「いい形の甲斐路がないねぇ。」と、何度もスーパーに足を運んだんですよ。
うーん、今年は、不作だったのでしょうか・・・。

それでは、是非、ギャラリーでご覧下さいませ~。

2010/11/16 桃子の新作 CM(-) Top↑
「Just Cross Stitch October 2002」(C)Hoffman Medea,Inc.
大きなオレンジのカボチャをステッチ中です~。

古い Just Cross Stitc から、収穫の秋そのものの絵を選び、ステッチしてます。
色とりどりのかぼちゃとお野菜の絵です。

さて、私が最初にステッチしたMarie Barberさんのデザインは、こちらです。
(C)Chapelle Limited
Harvest Sampler

ステッチしたのは、十数年前のこと。
その時から、ずーっとキッチンの入口に飾っているんです。
そして、今ステッチしているこのデザインを初めて見た時、
この作品の横に並べて飾りたいな~と思ったんですよね。
ええ、思ったのは8年前。
やっと実現しそうです。
わくわくしてます。

さてさて、使用している布は、ZwigartのRustico Aida(ルスティコアイーダ)です。
ざっくりとした雰囲気のある14カウントのアイーダなので、ステッチもザクザク進みます。
が、やはり、Marie Barberさん。
色使いが素晴らしいだけあって、色飛びも激しいです~。

ということで、先日の11月の予定で、ブランクだった③には、この The Harvest を入れました~。
2010/11/10 Marie Barber CM(-) Top↑
(C)The Estate of Cicely Mary Barker 2009
ホワイトブリオニーフェアリーです~。

迷った末に、秋のコーナーに進みました。
大好きな妖精さんのThe White Bryony Fairyです。
ブリオニアとかブリオニーと呼ばれる植物なのですが、実物は見たことはないんです。
つる性の植物のようですね。

さて、今日の画像には、妖精さんの羽、ドレス、お髪が含まれてます。
この部分は、ほとんどがこの色合い。
このデザインには、イエローベージュとオリーブグリーンがいっぱい使われているんです。
優しい秋色とでもいいましょうか、好きな色合いなんです~。
この色合いを楽しみたくて、こちらに進みました~。
2010/11/07 DMC-Flower Fairies CM(-) Top↑
パステル画「ポトスと林檎」を Momoko's Gallery に載せました。

ポトスエンジョイというちょっと珍しいポトスを描きました。
ポトスはもともと斑入りの葉っぱなんですが、その色がほぼ白に近いアイボリーなんです。
とても繊細な感じのポトスですよ。

それをアンティークな雰囲気の石のカップに入れました。
このカップ、実は描くのは2回目。
前回は、2007年10月に描いた「プラム」です。
この時は、難しい難しいと、嫌々描いていたんですよね。
ところが、今回は違いました。
ものすごく成長した桃子が、ここでもわかって、嬉しい母です。

では、アンティークな雰囲気の石のカップを見比べてみましょうか。
3年前の「プラム」でのカップ。
3年前の作品
 ↓
今回の「ポトスと林檎」でのカップ。
今回の作品

ポトスの葉の細かく繊細な模様、古びたカップの重厚な風合いは、
本物以上に雰囲気のあるものになりましたよ。

それでは、是非、ギャラリーでご覧下さいませ~。


さてさて、お次は、ドガ展のお話です。
今週の月曜日に、桃子と二人で横浜美術館に行ってきました~。

ドガと言えば、なんと言っても「エトワール」。
今回のドガ展のポスターにもなっている超有名な作品ですね。
では、横浜美術館の前の記念写真を・・・。
横浜美術館にて


ドガの作品は、人物画が多く、今回の展示もほとんどが人物画です。
人物画が苦手な桃子が?と思われるかもしれませんが、桃子の目的は、やっぱり「エトワール」。
この絵、パステル画なんです。
桃子は、この絵に近づいて、じーーーっと見つめてましたよ。
「白の使い方が、すごいなあ。」と言ってました。
バレリーナのチュチュとトウシューズには、輝くような白が使われているんですよね。
やっぱり素晴らしい・・・というか、すごいという感想の母でした。

さらに、他のたくさんのパステル画の作品を見て、
「パステルの使い方が、荒々しい感じだね。」と言ってました。
紙に塗ったパステルの線が、太くそのままなんです。
塗りっぱなしと言えば、塗りっぱなしなんですよね。
桃子は、自分の描き方と全然違うと、何度も何度も言ってましたよ。
いろいろと勉強になるドガ展でした。

ドガのパステル画をゆっくりと堪能し、横浜美術館を後にして、ランドマークタワーへ。
桃子が久しぶりに行きたいと言うので、ここのアンナミラーズで、ランチをしました。
どかんとお昼を食べたら、もうお腹いっぱい。
でも、パイも食べたいー。
ということで、パイをお土産に買って、帰路につきましたよ。
久々の桃子と二人の電車での外出、とても有意義で楽しかったです~。


ドガ展は、12月31日までです。
結構混んでます。
でも、あのエトワールは、やはり実物を見ておかないと・・・と思う私です。

2010/11/05 桃子の新作 CM(-) Top↑
The Year in Cross Stitch 2009 より
11月のべりー

11月のベリーは、Euonymus Europaeus です。
ピンクの独特の形をしたこの実。
知ってます。
マユミです。
この実の形は、実が割れて中の種が見えている状態なんですよね。

もう何年も前ですが、園芸店でこの状態の苗木を見つけたことがあるんです。
うわあ、珍しいー!!! と感動。
ちょうどこの状態の苗木だったのです。
で、ステッチしながら、そういえば、マユミの葉っぱはどんな?と思い、やはり検索。
でも、葉っぱがよくわかる画像に行きつけず・・・。
このように実を楽しむ木のようですね。
一気に秋が来て、冬の気配もちらほら。
今年も、あと2カ月で終わるんですねぇ。
早いものです。

さて、今月のステッチの予定なのですが、先月の変わりがないんですぅ。
いつも付けてるナンバーは、特に意味はないのですが、今月は、優先順に。
①DMCのFlower Fairies All Seasons
②1年計画のFremmeのベリー 

④DemensionsのMore Sunshine


まずは、Flower Fairies All Seasonsですが、はてさて、秋か冬か。
次回のUPをお待ち下さいませ。

そして、More Sunshine。
どーしても季節感が・・・。
でも、常にステッチできるように、出しておきます。

さてさて、③のブランク。
何かは始めます。
これも、今月中の初UPをお待ち下さいませ。

--------------------------------------------------------------
追記(11月10日)
③Marie Barberさんの The Harvest
--------------------------------------------------------------

予定というほどの内容でもなく、画像もなしですみません。
ちょっと寂しいので、今日のぷーちゃんのお弁当を。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

おにぎり、鶏のから揚げ、卵焼き、ホウレン草のおひたし、レタスとベーコンとシメジの中華炒め、枝豆

適当に詰めてます。

2010/11/01 今月の予定 CM(-) Top↑
もしよかったら…。
 断捨離のお手伝いのお願いです。
 もしよかったら、ご覧下さい。

 準備中です。

 私流断捨離について(2015/08)

 私の作品の断捨離(2013/07)

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Welcome !
メールはこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ